Power of Design【デザインのちから】
千葉県松戸市のフリーデザイナー「高山勉」のお仕事と日常を綴ってゆきます。


デザインのちからへようこそ!!


Ben

Author:Ben
千葉県松戸市で、ベン・デザインオフィスというデザイン事務所をしている、高山ベンのお仕事と、何気ない日常を綴ってゆきます。ベン・デザインオフィスはこちら
-----------------------------
Youtube最新Musicと共に
ごらん下さい! ↓↓↓CLICK



Youtube最新Music




presented by Youtube音楽PV



ご来場数(2009.6~)




このブログの事


現在時刻





総記事数:






フォントサイズ


文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

最新記事




カテゴリー




月別記事




全記事表示


全ての記事を表示する



メールはこちらから!


名前:
メール:
件名:
本文:



LINK



このブログをリンクに追加する

本日のラッキーカラー




翻訳ができます!


Present's by サンエタ


本日のベストセラー




アクセスランキング


[ジャンルランキング]
日記
48241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13834位
アクセスランキングを見る>>


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2012.01.01  明けましておめでとうございます! <<06:31


-------新年のご挨拶---------------------------------------------

今年は龍年。
私の好きな言葉に
「画竜点睛」(がりょうてんせい)という諺があります。
img1.jpg
南北朝の時代、南朝の梁 ( りょう ) に
”張僧ヨウ”という名画家がいました。
あるとき彼は、金陵 ( きんりょう ) (現在の南京)の
安楽寺の壁に竜を描くことを頼まれ、
4匹の白い竜の図を描きました。
その竜は、今にも壁を突き破って天にも昇りそうな勢いがあり、
見る人すべて息を飲みましたが、
不思議なことに、睛(瞳(ひとみ)が描き入れられていませんでした。
不思議に思った人々が彼に理由を尋ねると、
彼は、「もし瞳を入れたら、竜が天に飛んでいってしまうからだよ。」
と言いました。
しかし、人々は信じることができずに、
是非、瞳を描き入れるように彼に求めました。

そこで仕方なく彼が4匹のうち2匹に瞳を入れると、
たちまち稲妻が走って、壁が壊れ、
2匹の竜は雲に乗って天に飛び去ってしまいました。
あとには睛(瞳(ひとみ)を入れなかった2匹の竜だけが残ったそうです。
この、残った竜の図は、現存しているそうです。

また、付随して「画竜点睛を欠く」という言葉もあり、
最後まで仕上げないことは愚かな事という意味だそうです。

これらを私にあてはめて
どんなジャンルのお仕事でも、大小問わずに
すべて完璧なものを仕上げてゆきたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。 平成24年 元旦

ベン・デザインオフィス 代表 高山 勉

年賀C

↑このイラストは 松戸商工会議所だより 2012新年号の表紙です。

つどい

↑このデザインは 松戸商工会議所 新春のつどい(1/5開催)の
 ステージのバックパネルです。
 今 工場で一生懸命製作中です。


No.131 / 日常 / Comment*0 // PageTop▲

← NPO・市民活動見本市 3/10開催!! / Home / イブ?? 3連休?? →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。